2017年12月11日,福岡地裁で除斥期間の起算点について勝訴判決を得ました。

全国原告団・弁護団の声明は下記のとおりです。

2017(平成29)年12月11日
全国B型肝炎訴訟原告団・弁護団

声 明

1 本日、福岡地方裁判所第2民事部(片山昭人裁判長)は、集団予防接種の際の注射器の回し打ちによって、B型肝炎に感染させられた被害者のうち、慢性肝炎が再発した原告2名に対し、被告国が慢性肝炎の最初の発症時点を起算点として除斥(民法724条後段)を適用すべきであるなどとして争っていた事案について判決を言い渡した。

2 判決は、以下の通り、被告国の除斥適用の主張を退けた上で、原告らの請求全部を認容した。
 判決は、
「最初の慢性肝炎発症時において、その後のHBe抗原陰性慢性肝炎の発症による損害をも請求することは客観的に不可能であったというべきである。したがって、原告らは、HBe抗原陰性慢性肝炎の発症時に、HBe抗原陽性慢性肝炎による損害とは質的に異なる新たな損害を被ったものというべきであり、上記発症時に、HBe抗原陰性慢性肝炎の発症に係る損害賠償請求権が成立したものと解される。
そうすると、原告らのHBe抗原陰性慢性肝炎発症による損害賠償請求権に係る除斥期間の起算点はHBe抗原陰性慢性肝炎の発症時となるところ、原告らは上記発症から20年以内に本件訴訟を提起したものであるから除斥期間は経過していない。」
と認めた。

3 かかる慢性肝炎の再発時を除斥期間の起算点とすべきであるとする判決は、全国で初めての判決であり、同様の再発の慢性肝炎原告を含め、すべての除斥対象者に対して救済の道を広げるものである。
集団予防接種の際の注射器の回し打ちによってB型肝炎に感染させられ、何の落ち度もないのに、損害発生から20年間という長期に渡り被害を受けてきた被害者らに対し、時の経過のみをもって国の責任を免じるのは極めて不合理である。
国は控訴せずに本件判決を受け入れて、本件原告らはもちろん、再発問題に限らず、すべての除斥被害者の救済に向けて、直ちに我々との協議を開始するべきである。

4 我々は、不合理な除斥の壁に立ち向かう被害者全員の救済を求めて、全国の原告団、弁護団、支援者と一丸となって闘い続ける決意である。    

以 上

2016年12月5日 群馬大学医学部の患者講義について

 私たちB型肝炎訴訟全国弁護団・原告団は、平成28年12月5日、群馬大学医学部において、もうじき臨床実習に臨む医学部の4年生(総勢107名)に対し、患者講義を行いました。これは、群馬大学医学部がカリキュラムの一環として実施しているものです。
 
 患者講義の全体の内容ですが、1.講義(弁護士および原告)を1時間、2.グループ討論を1時間、3.各グループから討論結果の発表を1時間、4.質疑応答などを30分というものでした。

 講義では、初めに、私から、(1)予防接種の歴史、(2)B型肝炎訴訟の歴史、そして、(3)提訴等における患者の負担(特に、提訴資料の収集の大変さ)についてお話しました。

 続いて、原告の方2名から、それぞれ、医師の問題ある言動やこれまで受けた差別・偏見、それらがもたらした苦しみや不安、母としての葛藤や悩みなどについて、実体験をもとにお話していただきました。

 グループ討論では、学生の各グループに原告や弁護士も加わり、①ウイルスの感染や肝炎発症を告知された時の気持ち、②家族や友人、職場の人らとの関係に対する影響、③医師や看護師などの言動によって嫌な思いをしたことがあること、④仕事や家族、日常生活の変化、⑤医師に対して感染患者として望むことなどについて話し合いました。
 これらのことについて、原告および学生から様々な意見が出ましたが、私が参加したグループでは、学生から、「患者が独りで苦しんでいること」、「同じ病気の仲間がいると心強くなること」、「公的援助の有無を知らない医師・患者もいること」、それ故、「地域(患者団体や市長村など)と患者が繋がることを促すことの必要性」などの話も出ました。

 「医師ですら、感染者の気持ちを理解してくれない。」と、患者に深い悲しみと苦しみを与えることがないよう、医療の現場における差別・偏見をなくし、患者の心を慮った医療がどの医療機関でも実現されるべきであり、今回のような授業は大変意義があると思っています。

 そして、学生が「医療現場」のみだけではなく、「患者の社会生活全般」についても考えてくれたことは、医療の現場を含め、広く社会における差別・偏見の解消に向け、少しずつ前進していると勝手ながら思いました。

 最後に、今回の患者講義にご参加してくださった原告の皆様、弁護士の全員にこの場を借りて、感謝申し上げます(弁護士 辻)。 

4月24日、高崎駅で街頭署名活動を行いました。

現在、①ウイルス性肝硬変・肝がん患者に係る医療費助成制度づくり、②B型肝炎ウイルスを排除する治療薬等の研究開発の加速、③肝炎患者・感染者の早期発見と適切な治療のため、肝炎ウイルス検診の促進などについて、国会に請願するための署名活動を全国的に実施しています。
群馬でも、平成28年4月24日(日)、午後0時から午後1時まで、高崎駅の西口と東口で署名活動を行い、合計104筆の署名をしていただきました。
原告団の方4名、日肝協の方2名、薬害肝炎弁護団およびB型肝炎訴訟弁護団の弁護士9名、司法修習生1名の合計16名で行いました。原告団の中には、東京等の遠方からのお越しいただいた方もいらっしゃいました。
署名をしていただいた皆様の声はきちんと国会に届けます。署名をしていたいだ皆様、ありがとうございました。

肝炎 群馬 高崎駅 署名      肝炎 群馬 高崎駅 署名 東口

群馬県内の市議会において肝がん・肝硬変の医費助成等意見書が採決されました。

桐生市議会,太田市議会,伊勢崎市議会,館林市議会の4つの市議会において,以下の趣旨の意見書が採決されました。

1 全てのウイルス性肝硬変・肝がん患者に係る医療費の助成制度創設を早急に検討し進めること。

2 肝炎ウイルス未受検者への一層の受検推進及び検査陽性者を治療に結び付けるより効果的な取組を図ること。

 

※以下,各市議会の審議結果についてリンク先を載せます。

 

桐生市議会(2月28日)

http://www.city.kiryu.lg.jp/shigikai/honkaigi/gian/giketsu/1008472/1008475.html

太田市議会(3月17日)

http://www.city.ota.gunma.jp/240sigikai/katudou/2803gikaigian.html

伊勢崎市議会(3月18日)

http://www.city.isesaki.lg.jp/www/contents/1459397207387/files/N5600.pdf

舘林市議会(3月23日)

http://www.city.tatebayashi.gunma.jp/shigikai/kekka/kekka.html

 

2016年4月11日記載